足圧波動法とそのルーツ

竹の棒(足技足圧竹棒)を持ち、足で施術を行う

「良知式足圧術」(別名:足圧・足技波動法)は

宗家(善治朗)が考案した独自の技術です。

足技宗家の施術は、たんに「踏む」のではありません。  

手とは違う、しかし手のように繊細な動きが可能な技です。

竹の棒を支えとし、足の踵を中心に広い面積を体表に当て、治療するポイントを面として捉え、波のようなリズムとエネルギーで施術を行います。

また、外傷による関節・筋肉・筋膜等の炎症を促進させる発痛物質を血液中に発散させることで、痛みを和らげる効果もあります。

さらにこのフットテクニックが、関節の補助的運動を促進させ、関節包の圧を正常位に一定に保持させることにより、筋肉の付着部・靭帯に弾力を持たせるので、関節の運動がスムーズに行えるようになるのです。その結果、身体の筋バランスを整えることにつながります。


日本伝統の武術の流れを汲む良知流足圧術(足圧波動法)

足圧宗家(正派足圧宗家家元):善治朗の家系(良知家)には、

戦国大名武将・今川氏の末裔として、代々今川療術が伝えられてきました。

良知の姓とは、「己を良く知り誰であるか忘れることなかれ」を意味しています。ただ、珍しい姓ゆえに、人に尋ねられたら敵に悟られぬよう「己を良く知れ と、ただ答えよ」とされていました。

善治朗が幼少期から鍛錬し、継承している今川療術には、主として足と手によって施す技術がありますが、それをさらに磨き上げたもののひとつが、「良知流足圧術」です。

(足圧という呼称も善治朗により考案されました。)


良知流足圧術(足圧・足技波動法)は、インド、中国を経て伝わったとされる楽健法や、古くは日本の修行僧が足を用いて行っていたとされる、いわゆる「足の裏で踏みつけるだけ」の技法とは別物であり、波のような波動圧を主体としています。古くより武士の家系に伝わる療術が足圧波動法の礎なのです。